キム・ミニとホン・サンス監督のゲス不倫の今後の行方

日本で流行した(?)ゲス不倫ですが、韓国芸能界でも不倫問題で注目されているカップルがいます。

しかも日本のようにコソコソとしているわけではなく、とても堂々としているゲス不倫です。

その当事者は、韓国の人気女優であるキム・ミニです。モデル出身でありながらベルリン国際映画祭で主演女優賞を受賞するなど演技力も評価されているトップ女優です。

キム・ミニ

キム・ミニのお相手は、ホン・サンス監督です。

キム・ミニは、現在35歳です。ホン・サンス監督は57歳ということで、25歳の年の差があります。

ふたりは、2015年の韓国映画「今は正しくあの時は間違い」で知り合い、2016年6月に交際が発覚しました。

ホン・サンス監督には、1985年に結婚した妻と大学生の一人娘がいます。

妻は別宅でキム・ミニと夫の不倫現場を見たらしく、キム・ミニは監督との子供が欲しいと話していて、夫からは離婚を迫られていると語っています。

それが本当なら酷いですね・・・。

この奥さん、なかなか離婚に応じなかったらしく離婚裁判にまで発展しています。

2017年4月には、映画の試写会にてキム・ミニとホン・サンス監督が同伴で出席して不倫関係を認めた上で「二人は愛し合う仲だ」と語ったそうです。

キム・ミニは、過去にイ・ジョンジェ、イ・スヒョク、チョ・インソンなどと交際しています。

女性人気が高かったキム・ミニですが、この一件で支持者が減ってしまいそうな気がします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)