コ・ヒョンジョンの韓国ドラマ「リターン」の降板騒ぎと代役は?

現在、放送中の韓国SBSドラマ「リターン」で主演を務める韓国女優のコ・ヒョンジョン。

リターン側の演出担当のプロデューサーとコ・ヒョンジョンの間にトラブルがあって、ドラマ途中ですが降板することが発表されました。

コ・ヒョンジョンといえば、「善徳女王」の悪女ミシル役が印象深い女優さんですが、実際の彼女はミシルとは全然違うと思いますが・・・。

コ・ヒョンジョン

ただ、噂ですが、言い争いも頻繁でコ・ヒョンジョンがプロデューサーを叩いたとの情報もあります。

トラブルの原因は、ドラマ「リターン」の中でコ・ヒョンジョン演じる女弁護士の描かれている人物像や出演シーンについて折り合いが悪くなったようです。

「リターン」は、視聴率も16%前後で同時間帯のドラマと比較してもトップです。しかし、撮影は、コ・ヒョンジョンとプロデューサーの関係悪化から中断している模様。

このままでは先に進まないという事でついにコ・ヒョンジョンが降板となってしまったようです。

脇役なら降板でも作品にあまり影響はないと思いますが、コ・ヒョンジョンは思いっきり主役なので、いきなり代役になったとしても物語に入り込めるのかなぁと思います。

コ・ヒョンジョンの代役は誰になるのでしょうか?

そして、この騒ぎに巻き込まれたのが「リターン」の共演者の俳優たちです。コ・ヒョンジョンの他にイ・ジヌクも主演しています。

イ・ジヌクや他の出演者にはお気の毒としか言えませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)